G狂40'sオヤジの生写真いっぱいの観戦ブログです。


SINCE 2011/05/25


Now Online


読売ジャイアンツのブログはここで探そう!

↑ 読売ジャイアンツのブログ集
 気になる記事を探してみよう!

オススメのGブログのリンクです

~読売ジャイアンツ応援ブログ~Diamond Hero

ジャイアンツ と ビール と おやじ

エースになる日

〜澤村拓一応援Blog〜

てんぽくの部屋

プロフィール

shamanz

Author:shamanz
ジャイアンツとお犬様
毎日を楽しく過ごそう
ダイエットも忘れず...

メールフォーム
当ブログ経由でメールを管理人へ送ります。「ご連絡」「ご質問」等にご自由にお使い下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/14 vs中日 ~落合竜の胴上げを気持ち良く見届けたいと思う私がいます
Category: 生観戦  
score_20111014.jpg

伊藤淳が2軍落ちし、5回3安打無失点と好投したファーム選手権からちょうど中5日の大野の一軍登録が発表されたお昼の時点で2010ドラフトの左右の代表格の対決「澤村vs大野」が濃厚となった
で、スタメン発表は予想通りの「澤村vs大野」
この大野に関しては、大学時代はGも指名を狙っていたと囁かれており、出来レースとも言われた中日の単独指名がなければGの2位入札も有り得た逸材
ただでさえ初物に弱いGである上、今季はそれに輪をかけて初星献上まで大サービス中ゆえ、普段ならば嫌な予感も大いに感じたであろうが、今の状態の澤村が先発とあらば、そんな不安も掻き消してくれる安心感が有りました

しかし澤村君は大したもんですなぁ

ついに防御率も1点台へ乗せ、勝ち負けも11勝11敗と五分にまで持ってきてくれました
単なる「新人離れした逸材」にとどまらず、「Gの主戦として必要不可欠な存在」の位置にまで、立派に自らの力で到達してくれました

澤村と言えば無援護、無援護と言えば澤村って感も有った澤村が投げると沈黙する打線も、この2登板は中盤までに効果的に得点を挙げてくれている
落ち着いた「大人の投球」が出来るようになった今の澤村ならば、3点も有ればセーフティーリードと言っても過言ではない感じがして、実に安心してみていられる
「澤村の投げる試合は負ける気がしない」とまで言ったら調子に乗り過ぎか?(^^ゞ


ドームに着いた時、既に2回の押せ押せ攻撃の最中でちょうど藤村が3点目となるタイムリーを放った直後
1点を先制される → 長野がバックスクリーンへの同点弾丸アーチ → 由伸の勝ち越しポテン までの逆転への一番の盛り上がるシーンが見られなくて残念無念

それにしても、由伸のフラっと上がった打球へのチャージミスといい、慎之助の完全なアウト飛球の落球といい、流れを完全にG一辺倒へと導いてくれたのが和田の守備
いつもはラミレスのお粗末さに頭を抱える事の多いG党だが、今夜は逆に相手チームのレフトにスーパーアシストを受けた格好となり、やはり「守備の大切さ」を改めて実感できる場面でしたなぁ

この2回の5点で6対1と一方的なセーフティーリードとなり、決して調子が良くはなかった澤村が楽に投げれるようになり、結果として103球完投へとつながった

原さんが最終戦をどう位置付けるのかが不明であり、内海の先発か澤村の先発かが非常に微妙なところではあるけれども、まぁ通常の思考回路ならば内海の登板を優先するだろうから、澤村は今季レギュラーシーズン先発での有終の美を飾ったというところでしょうか?
最多勝争いを考えるに、もしかしたら16日に中3日での内海の2番手2イニング登板って策も有り得そう
ただ、その場合でも22日はやっぱり再度の内海登板で固いと考えるべきでしょうね

それにしても22日の最終戦の登板はCSを見据えた「超」豪華なリレーになりそう
CSでの3枚目となるであろうディッキーの扱い次第ではあるが、31日から逆算して中5日となるフェニックスでの25日の調整登板は移動を考えると難しそうな感が強いため回避されるだろうから、内海&澤村&ディッキーの「豪華三本柱」のリレーが見られそう
22日にライスタ57通をゲトできた私は勝ち組?(笑)


さて、一方的なゲームが終わった後、ふとレフトスタンドに目をやると、結構な数のドラファンが帰らずに前列付近にたむろってるのが見え、なんとなく嫌な予感がしたら・・・見事に的中、、、

ヒーローインタビューを終えた澤村が、サインボール投げ込みのために場内一周し、レフトスタンド前を通過する時に、かなり口汚い言葉で罵った上にブーイングをかぶせてきた

こんな事を書くと、また阿呆なドラキチが低脳コメントを書き込んでくるであろうから気が乗らないが、喧嘩上等であえて書かせて頂くのならば、、、

「てめーらは阿呆か?」

見事な逆転優勝を遂げようとしている素晴らしいチームでしょうに
初の連覇を今まさに成さんとし、中日の球団史上で後々において讃えられるような価値有る優勝なのに、どうして自らその偉業を地に落とすような低脳な真似をするのかねぇ?
G党にも「絶対に惨めな胴上げをさせてやる」って言う低脳な連中が大勢居るのも事実だけど、貴方達はそんな低脳な連中に対して「負け惜しみは勝ってから言え!」と鼻でせせら笑える立場でしょうに
こんなんじゃお互いに同類じゃないのかい?

今年のドラゴンズは本当に素晴らしい追い上げの末、誰もが予想しないような偉業を達成しようとしている選ばれしチームだと思いますし、落合さんを好こうが嫌おうが、彼流の野球の集大成ともなるべき折目の年でしょう
もっと胸を張って「俺達がチャンピオンなんだ!」と威風堂々として欲しい

今シーズン、にっくき落合竜に負けてしまったのは本当に悔しいし、雪辱しようにも来年は落合さんが居ない
でもね、別の面で言えば、「パ高セ低」とか、「人気凋落のセ・リーグ」とか、「スター不在のセ・リーグ」とか言われて本当に悔しかっただけに、その悔しさを晴らすためにも、日本シリーズではドラゴンズの応援を一生懸命にしようと思ってた私だったりもします

5回裏のGの攻撃時、3アウト目となった藤村のピッチャーへの鋭いライナーをビシっと捕球した久本へ惜しみない拍手を送ってたG党も沢山居たのも事実

そりゃ~お互いのご贔屓チームが勝つに越した事はないけど、シーズン当初を思い出して欲しい
プロ野球の開催自体が危ぶまれていたし、現実にほとんどのチームにおいて観客動員数という非常に分かりやすいKPI面で悲惨なダウン値となっているじゃない?
そんな中、球場に足を運んでいるファン達が凋落傾向のプロ野球を支えている「最も温かい応援団」だって言うのは紛れも無い事実だし、お互いにもっと胸を晴れるような「スポーツマンシップ」に則った野球観戦をしたいと強く思いますがいかがなものでしょうか?

選手達の懸命なプレイに胸ときめかせて観戦し、敵味方に関係なく「選手達を奮い立たせる」ような声援を送る
WBCでアメリカの運営が色々と偉そうな事を言ってはおりますが、日本式の野球も「スポーツエンタテイメント」としての成熟ぶりを内外に示す時期に来ているのではないでしょうかね?


偉そうな事を書いてしまってドラキチの方には本当に申し訳ないのですが、こんな事を書きたくなるくらいに今季のドラゴンズは素晴らしい快挙を成し遂げようとしていると私は思っています
残されたセ・リーグの各チームのファンが、皆で声を揃えて「中日頑張れ!セ・リーグ頑張れ!」と日本シリーズで気持ち良く応援出来るように、「選ばれしチーム」の応援者たる貴方達にも「覇者の余裕」を見せて頂きたいと強く思い、強く願う次第であります

G党の方々も、Gが勝っての二次会で胴上げをシラケさせてやろうとかの大人気ない事を言うのは止めましょうや
日頃から虎党のメガホン投げ込みとか、脇谷へのブーイングとかの事を嘲笑している一方で、言ってる当人自身が似たような事をしてちゃ、それこそおはこが知られますってば、、、


今のヤクルトさんの流れでは、まず確実に15か16日のいずれかで中日の優勝が決まるとは思います
同じように優勝を目指していたにも関わらず、力量の差でそれを逃したチームの応援者として、落合さんの胴上げを目の当たりにしたら、きっと悔し涙を流してしまう私だとは思いますが、それでも出来る限りの精一杯の思いを込めて、ドラゴンズの偉業へ尊敬の念を抱きながらその胴上げを見届けたいと思います
来年は絶対に巨人軍が胴上げをするんだと言う強い信念を心に持ちながら

でも、CSでは絶対にその借りを返したいとも思ってたりもします
セ・リーグの、ひいてはプロ野球界の逆襲のためにも、CSでは全力でぶつかり合いましょうや
#それ以前にヤクルト相手に勝ち抜けなかったりしてwww



日々の観戦レポートの励みになります。
よろしければ「応援のワンクリック」を♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
ブログ村 野球ブログランキング
お陰様でジャイアンツカテゴリ首位
応援のクリックに厚く深く感謝です



人気ブログランキング by with2.net へ
こっちはあくまでもオマケwww




以下、下手糞アマカメラマンの趣味の写真です
当然ながら著作権フリー&転載も何でも可です
被写体の肖像権とかはご自身でご考慮を(^^ゞ


101401.jpg
矢を射るが如き投球フォームの澤村

101402.jpg
先輩達を迎える時ぐらいは笑顔でいなさいってば、、、

101403.jpg
新人王当確、本当におめでとうです

101404.jpg


101405.jpg


101406.jpg
ジャイアンツ愛

101407.jpg
丸山さんの渾身のソロ
9イニング通しでの応援の後のGブルースは相当つらいでしょうに、、、
いつも本当にご苦労様です

101408.jpg
今日のペットの音色はいつもと違ってました
泣いてるって言うか、センシティブな音って言うか、、、
で、座光寺さんに聞いてみたら、やっぱりビンゴ!
日頃の自身のライブの時に愛用している「エーストランペット」(と言うのか?)を今季初めて使ったそう
いやぁ、今夜のGブルースは本当に素晴らしい音色でしたわ

101409.jpg
後藤さんがお休みゆえいつもとは少しだけ違ったメンツ
4本同時吹奏までってのは分かりますが、それって二次会においても有効な応援規則なんでしょうかね?
出来る事ならば、願わくは、8本同時吹奏とかの二次会ってのを経験したいです


10/12 vs阪神 ~情けの原采配が産んだ奇跡と感動 ... 私はもう満足です
Category: 自宅観戦  
score_20111012.jpg

今季3ゲーム目のドーム参り欠席となった対阪神最終戦
しかも、前回は実家での慶事と重なっての仕方ない欠席だったのに対し、今日は完全に体調不良での根性なし欠席

いやぁ、、、行きゃ~良かった(^^ゞ
ただ、タイムパラドックスって面(笑)で考えると、私が行ってたら内海の勝利も由伸のサヨナラも無かったのかもと思うと、涙を呑んで「行かずに我慢したお陰だ」と考え直せる(わきゃないか?)

でもねぇ、きついですわ、このショックは、、、
最愛の野手が由伸で、最愛の投手が内海と言う私のとって、このご両名がサヨナラアーチ&ハーラートップでお立ち台だなんて「夢のような試合」そのものなんですもの(^^ゞ


試合を振り返ってみると、前回の10/7の登板と同じく、今夜も原さんの情けの温情采配がハマりましたなぁ
しかも、前回は「負けを消し」「ライバルの勝ちを消す」ハマりパターンだったのに対し、今夜は完全に内海の勝利を産み出した温情采配

今までの原さんの性向から考えるに、今夜の内海を代えるタイミングは二度有った

最初の交代機は阪神に追いつかれた6回
ただし、球数は99球とまだまだひと踏ん張りが期待できる範囲内であった上に、好投を続ける岩田から「確実に勝ち越し」の出来る根拠が無い場面であったゆえ、原さんとしては迷う事なく続投を選んだのではないかと思う

次の交代機は球数も127球を数え、イニングとしても終盤の差し迫った状況となった8回
この場面は、亀井もしくは藤村のどちらかでも出てたら迷う事なく代打を送られてたんじゃないかと思う
そんな中、内海にとっては運が良いのか悪いのか分からないが、亀井も藤村も2人で3球で2アウトとあっさりと凡退してしまい、内海に代打は送られず続投がチョイスされた
9回表の阪神の攻撃が「新井→ブラッズ→マートン」と一発の有るメンツが控えていたが、実は内海にとってはこのメンツはお得意さんに近い相性の良さ(※マートンには五分に近い相性だったと思いますが)
9回の相手打順に平野もしくは鉢が控えていたら内海としても嫌だったろうけどねぇ

この9回を注文通りの完璧な投球内容で抑えたのが原さんに「内海と心中」を決意させたんじゃないでしょうか?
結果としては10回裏に打順が回り、由伸が代打に出てのサヨナラとなっての勝ち星となりましたが、この時点で147球を放っており次シリーズの中日戦での登板はどのみち不可能なため、もし打順が回っていなければ次のイニングにも行ってたんじゃないだろうか?
#苦手の平野&鳥谷が控えた打順ゆえ、代えられてた可能性の方が強いかな?


まぁ、原さんの本当の心の中は分かりませんが、今季初めて原さんに感謝の念を持った試合でしたわ(笑)
よくぞ我慢して勝ち越しを待ち続けてくれました
本当にありがとうございますって感じかな?(^^ゞ

由伸のサヨナラアーチに関してはメディア等でのピックアップも多いだろうからあえて書きませんが、ホームイン後にGメンバーに揉みくちゃにされた後、最後の最後に内海が子供のように由伸に飛びつき抱きついたシーンを見てたらかなりヤバかった、、、

ヒーローインタビューでの由伸はいつも寡黙で余分なリップサービスをせずに淡々と喋る事が多いんですが、今夜はちょいと感極まったモノが有ったのかしら?
「本当に」って言葉を連発して、まるで新人選手のようなぎこちない内容
いや、それがどうこうって悪い意味じゃなく、その反対に、これまたちょいとヤバかったですわ、はい
TV観ながら泣きそうになっちゃうって、これなんぞ???(^^ゞ

でも、内海はやっぱ馬鹿キャラ爆発ですわ(笑)
「20勝目指して頑張ります!」で観客の爆笑を狙ったんだろうけど、思いっきりダダすべり、、、
G党は真面目な方が多いんだからさ、、、
もっと分かりやすいユーモアを見せなさいってばwww


いやぁ、タイムパラドックスって実在するのかどうか分からないけど、やっぱ行ってりゃ良かったですわ(苦笑)
で、今夜もし行ってたらF16の8列目だったんだけど、お仲間からのメールではサインボール投げ込みが内海&由伸のどちらもピンポイントで有ったって、、、
内海の投げ込みって持ってないんだよなぁ、実は、、、


さて、14日からの中日戦は目前での落合さん胴上げが濃厚な感じですが、それもまた宿命
このところぬるま湯に浸かりきってた感の強いG戦士達に、目前での胴上げを見るというまたとない「自己反省へのトリガー」となるんじゃないでしょうか?
頭の中では分かってはいても、他チームの優勝ってのはその目で実際に見ない限りは実感が湧かないらしいからねぇ

36年も前になるけど、第一次長嶋政権での「お前達、この胴上げを目に焼き付けておけ」の名言が懐かしい
最下位からの優勝なんてのは、あの時の悔しさが無ければ絶対に有り得なかったんだろうね


さて、体調をしっかりと整えて、最後の三連戦はドームに復帰します!



日々の観戦レポートの励みになります。
よろしければ「応援のワンクリック」を♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
ブログ村 野球ブログランキング
お陰様でジャイアンツカテゴリ首位
応援のクリックに厚く深く感謝です



人気ブログランキング by with2.net へ
こっちはあくまでもオマケwww



10/11 vs阪神 ~35588人の寂しいGT戦 ...球場に来た者だけに与えられたご褒美
Category: 生観戦  
score_20111011.jpg

35588人

三連休明けの平日初日とは言え、伝統のGT戦、しかもシーズン最終盤の最後のGT戦とは思えないような客入り
両チーム共に「優勝」と言う最も現実的な目標を失い、チームの目指す方向性も不明朗な中での戦いゆえ、こんな客入りでも仕方がないとは思うが、ゲーム内容もお粗末な内容だと少しばかり寂しい感じもしますわ、、、

ブンブンと振り回すばかりで相変わらず「出たとこ勝負」の阪神に対し、何度も何度も決定機をお膳立てされながらも仕留められない巨人

両チームのコアなファンが愛想を尽かして球場から足が離れたとしても誰もそれを責められはしないだろう

先発の東野は5回で被安打2と、阪神打線の狙い球を絞りきれない「出たとこ勝負」に助けられながら、何を考えたのかは分からないが2死からの3連続与四球からブラッズのタイムリーで逆転を許す

先制直後に利敵行為と言われても何の文句も言えないようなこの失点は、そのまま今季の東野のを象徴する「観客をシラケさせる」失点としか言いようがないし、こういう投球を続けていては、しまいには自軍野手陣からも見放されてしまうだろう
東野だって意図的にこんな投球をしている訳ではないだろうからGファンの一員としてあまり責め立てたくもないが、ボール先行時に以前は「とうのー!がんばれー!!」だったのが、今では「あ~ぁ、、、」との溜息がライスタに渦巻くようになってきたのが事実で、自軍野手陣が愛想を尽かす前にファンはとうに愛想を尽かしきっている感じ

で、続く高木は相変わらず「何のために出てきたのか意味不明」な継ぎの投球でライスタの失望と失笑を買う
2ボールからカウントを取りに行ったカーブに若干腰を使われたのを「カーブ待ち」と勝手に考えたのかどうかは分からないが、バッテリーは2-1からカット気味(これ重要)の球をイン寄りのベルト高に投じ、待ってましたのフルスイングでのアーチを喰らう
カーブに腰を使ったのを「ストレート狙い」と見るか「カーブ狙い」と見るかは確かにバッテリーにとっては微妙な判断で、そこから様子見のカットボールを選択した事に関しては何らの文句はない
ただね、ちゃんと動いてくれて、なおかつストレートに近い球速で投げるのがカットボールちゃうん?
動きもしないし球速もストレートより10km/hも遅きゃ、それってバッティングピッチャーの放る「気分良く打たせる球」と何らの違いが無いっしょ、、、

今季のG投は、総じてこの手の呪縛で死んじゃうパターンが多過ぎるね、、、
ん?何の呪縛かって??
そりゃノーコン呪縛以外に考えられないっしょ、、、
ストライクをいつでも取れるだけのメンタリティと、それを裏付ける徹底的な練習量が無い(多分無いと思うのだが?)から、球の特性を活かす事を最優先できず、ストライクを入れることを最優先にしちゃってる
越智しかりアルビーしかりロメロしかり、、、全員全く同じ呪縛でのべ何失点を喰らってるのやら?

中日の浅尾なんかを見てごらんなさいって

投球回が80イニング程度かと思ったけど、与四死球は確か20未満だったかと?
(※気になって調べてみたら、浅尾の与四球率は1.5ですわ)
150キロ台中盤のストレートを持っている上に与四球率が1.5ならば、防御率が0.43ってのも頷けますわ

やっぱね、とてつもないレベルのスーパーな「一芸」を有していない限りは、ピッチャーって職業はストライクが取れてナンボの職業と違うのかな?
論理的裏付けが有るのかどうかは全くもって分かりませんが、往年の名投手達が口を揃えて言うのが、「強靭な足腰がコントロールする力を産む」ですよね
昔のG球場って、明け番の投手なんかが延々と外野フェンス際を1時間以上走ってる姿を見れたらしいけど、最近のG投でそれだけの走り込みを励行しているピッチャーってとんと少なくなりましたね
川口さんの投手理論がどんなものかは知りませんし、現代野球において「走り込み」ってのは前時代の遺物になってるのかも知れませんが、今のG投のスタミナ不足やコントロール不足の原因はこんな部分に有るんじゃないかと思えてならないです、ハイ


と、どんよりとした気分を救ってくれたのは、投手陣でもなく野手陣でもなく、他でもない敵将の継投判断だってのが今季のGT両チームの不調を象徴してるような気がして笑えてきたのは私だけでしょうか?
6回を終えて投球数が78球だったため7回の攻撃時に代打を送らなかったのは理解出来るとしても、G打線の拙攻に助けられてるだけで実際にはフラフラ状態のメッセンジャーの9回続投は無いわ(笑)
「これぞ利敵行為」と言われても仕方が無い謎の采配
阪神ファンも巨人ファンもつくづく似たような状況でお悩みのようで他人の気がしないですわ(^^ゞ

で、試合時間を特別ルールの上で1時間近く残している中での藤川の投入と来てくれた
しかも、10回には3人目で打順が回ってくるのにも関わらず打順通りの9番で投入のオマケつき
藤川が無事に9回を抑えたとして、10回は代えるつもりだったのか、それともイニングまたぎ上等だったのかは分からないけど、そんな憶測が無駄に終わる結果となる藤村のサヨナラタイムリー

ここのところ「強い打球を打つ」と「遠くに飛ばす」とを勘違いしてたかのごとき強振シンドロームに陥ってた藤村であったが、今日の左中間への打球こそ、藤村が最近ずっと口にしている「強い打球を打つ」ですわね
この打撃を忘れずに自分のモノに出来るのならば、来季のレギュラーは確定となるでしょう


とまぁ色々と有りましたが、今夜のサヨナラゲームも、「球場に足を運んだ者だけが享受できた特権」でしょう
チームが低迷し、下手をすりゃBクラス陥落の体たらくではありますが、こうして足を運び続けているとたまにはこんな素敵なプレゼントを神様が下さるんですね(笑)
采配や起用に色々と文句も有るでしょうし、それ以前に現在の順位に失望されてるファンの方々が大半かとは思いますが、ブーイングをくれてやりたくなるような選手が存在する一方で、来季の自らの位置のために必死になって野球に取り組んでいる選手達が一番躍起になる時期で有るのも事実
そんな彼等の一所懸命&一生懸命なプレイを観るために球場へ足を運ぶってのも宜しいんじゃないでしょうか?

少なくとも、そこらでハグが見られるようなお祭り騒ぎを楽しめたのも事実
こんな状態&試合内容で喜んでるヤツは馬鹿だと偉そうに言う「それこそ馬鹿」も大勢居るようですが、そう言う方々は実生活でも友とか仲間に恵まれないロンリーな生活をしているんでしょう
ならば最初から球場に来るなって言いたいのは私だけ?www


さあ、泣いても笑ってもラスト5試合!
みんなで一緒に東京ドームに行こう!!



日々の観戦レポートの励みになります。
よろしければ「応援のワンクリック」を♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
ブログ村 野球ブログランキング
お陰様でジャイアンツカテゴリ首位
応援のクリックに厚く深く感謝です



人気ブログランキング by with2.net へ
こっちはあくまでもオマケwww




以下、下手糞アマカメラマンの趣味の写真です
当然ながら著作権フリー&転載も何でも可です
被写体の肖像権とかはご自身でご考慮を(^^ゞ


101101.jpg
一頃に比べりゃ球威は戻ってきたとは思うんだけど、いかんせんコントロールへの自信の無さからカウント取りに走り、それを痛打されるパターンが定着しちゃいましたね
身近に澤村と言う「良い克服の例」が有るんだから、負けずにしっかりと頑張ってほしい

101102.jpg
澤村も凄い勢いでグラウンドに飛び出していきました
彼もようやく「チームの一員」になれたんでしょうね

101103.jpg
今季、この勝利の儀式があと10試合多ければ、、、う~ん、言っても虚しくなるねwww

101104.jpg
数十枚撮った中での唯一のスマイル画像(笑)
まだまだハニカミ気味なのが余計に初々しくて良いですわ

101105.jpg


101106.jpg


101107.jpg
統一球(笑)


10/10 vs阪神 ~突然の乱調ではなく予期できた乱調 ...そして正式な終戦へ
Category: 生観戦  
score_20111010.jpg

Web等での早記事を見ると、5回まで好投の西村が突然の乱調劇と言った感じの書き方してる所が多いけど、どこ見て書いてるんだよって感じですわ
5回までカウントを3ボールのビハインドにする事6度と言う内容で、しかも攻めて行ってのボール球ではなく、昨年までの弱気の虫の西村をフラッシュバックさせるかのごとき「勝負に行けない」マウンド度胸の足りなさからのボール先行
ファーストストライクを積極的に打ちに行ってた阪神打線と、その結果に助けられただけで、この試合を含めて4連敗と言うのが頷けるような投球でした

5回裏に自らのスクイズによって先制し、「よっしゃ!これからだ!!」って自らを奮い立たせて勢いをつけてねばならない場面で、鳥谷に3ボールまで行ってちゃあかんわね
結果、ど真ん中に置きに行ったフォーク(?)系の落ちる球をドンピシャでライトに運ばれての同点打を浴びる

今季の成長著しい西村ではあるけど、この数試合の内容を見ていると、来季先発の指定席は微妙と言われても仕方がないだろうし、予測される日曜(土曜?)の先発で挽回をしない限り、中盤戦での目を見張るような活躍はチャラにされちゃう査定をされても仕方がないだろうね
#ま、他の選手達が酷過ぎるゆえ、それなりの昇給は見込めるんだろうけど、、、

ただ、西村の降板を生んだ要因の一つとなるであろう「気の抜けたプレイ」にはどうしても言及しておきたい

まさしく↑で書いた鳥谷のタイムリーだが、打たれた事自体より、それにまつわる守備が少し微妙
右中間よりの強い打球だったが、カット回転だったようで間を抜けずに佳知のグラブへ入ったまでは良いが、あれはタイミングからして鳥谷を絶対に二塁で封じなきゃならない場面
手先だけで投げた山なりの送球は一二塁間方面へ逸れてしまい結果としてこのツーベースが2点目を生む
今さっき録画で確認したけど、捕球する時の坂本も明らかにガッカリした素振り

佳知が気を抜いてたとは言わないが、こう言う負けられない試合・譲れない場面では、普通のプレイではなく、常に最終回の気構えで「何が何でも刺すんだ」と臨んでほしかったなぁと思う次第


理論上も優勝がなくなったらしいけど、誰も積極的に口にはしないだけで、実質的には9月中旬のあのゲームで終わってしまってた今季だから特に感傷も何もないですわ
逆に言えば、いっそこのまま阪神さんに頑張って頂いて3位を奪って頂きたいくらい
このチームの脳細胞に巣食う癌はそれなりの覚悟で対処しなければ絶対に駆除できないでしょう
そう言う面で考えれば、もし駆除がなされたとしたら、越智とか高木とかは功労賞でもあげなきゃwww


と言う訳で、、、今夜はてんぽくさんとの応援ランデブーが出来たのが唯一の成果か?(笑)


明日からラストまでライスタ詣では続行しますが、半ば死に水を取りに行く気分と言ったら言い過ぎか?

つーか、、、明日は大切なお客様を引き連れての観戦ゆえ、やっぱ勝って頂くに越した事はないんだけどね(^^ゞ



日々の観戦レポートの励みになります。
よろしければ「応援のワンクリック」を♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
ブログ村 野球ブログランキング
お陰様でジャイアンツカテゴリ首位
応援のクリックに厚く深く感謝です



人気ブログランキング by with2.net へ
こっちはあくまでもオマケwww




以下、下手糞アマカメラマンの趣味の写真です
当然ながら著作権フリー&転載も何でも可です
被写体の肖像権とかはご自身でご考慮を(^^ゞ


101001.jpg
今夜の悔しさを次戦へのバネにしてください
そいでもって、来シーズンは右のエースを澤村と競い合うような更なる成長を見せてください


10/9 vs中日(ナゴヤ) ~優勝争いしているチームとの違いか?
Category: 自宅観戦  
score_20111009.jpg

復帰戦となるディッキーの快刀乱麻の熱投にドラ打線はまさしく手も足も出なかった状態で、あとはいつG打線の先制点が出るかと言う流れでは有ったが、相手のチェンの粘投に屈してのゼロ更新
「チェン→岩瀬→浅尾」の中日と、「ディッキー→山口→久保」の巨人と、考えられうる中での最高の継投に打って出た両チームの延長戦の結末は中日へと軍配が下された

毎回安打で都合11安打を放ったGに対して、ディッキーの前に1安打と完全沈黙の中日
好投のディッキーであったにも関わらず、7回94球で山口へとつないだ原さんの采配
故障上がりのディッキーに関しては、故障した部位が部位である上、故障前でも100球前後でガクンと球威が落ちていた事も考えれば、今夜の継投策は至極当たり前のつなぎ方であったと理解できる
ただ、いかんせんこのような展開になってしまうとセットアップ陣の厚みが中日とは違い過ぎていますな
9回の由伸で決められなかった時点でサヨナラ敗北フラグは完全に立ってましたからね

あと、同じように見える両チームの継投策であったけれども、カードを出す順番に各々の監督の読みの違いが出てて、敵ながら落合さんの起用に関しては観ていても頷けましたね

延長戦となった場合、11回はおろか12回までのフルイニング勝負となる可能性があった今夜のゲームにおいて、チェンを継ぐ二番手に落合さんが繰り出したのは岩瀬
昨年までの中日なら「出す順番が違うんじゃね?」の投入だが、今季はしばしば見られる投入順
で、今夜の場合は長期戦上等ゆえ、イニングまたぎで投げれる「球威&スタミナ」を有している浅尾をケツに持ってきた
二番手の岩瀬が予想外の乱調で塁上を賑わしてしまったゆえ10回からでなく9回途中からの投入となった浅尾だが、ベンチも本人も11回までの続投を「同意」の上での継投策なんでしょ
ランナーを背負い背負いの不調ならば時間経過も緩やかになり延長も11回で終了だったろうし、サクサク進む展開ならばそれで問題なし
最悪の場合は落合さんならば10分間ルールも当たり前のように繰り出してきただろうしね(笑)

かたやGの継投は「セットアップ→クローザー」のルーティン通りの「山口→久保」の順での継投
一昨日もイニングまたぎの2回を投げきっている久保だが内容は「好調」な時とはとは程遠い悪い内容だった
その久保を中1日空いたからといって今日もケツに持ってくる事自体に正直疑問を隠せないなぁ
ま、イニングまたぎ以前に登板初回にサヨナラ喰らっちまいましたけどね(^^ゞ


この時期に来て両軍共にギリギリの張り詰めた状態でプレイしているのは明らかだし、久々の復帰先発のディッキーをはじめ選手達を責める気持ちはさらさらない
逆に、CSを控えた今の時期にあって、ディッキーの期待以上の復調ぶりを大きな成果としてプラスで受け止めるべきであろうし、ここでギャアギャアと喚いていては首位を行くチームである中日さんに失礼でしょ

所を神宮に移してみても、序盤で0対3と広島にリードを許していたヤクルトも、首位中日に負けじと見事に追いついた上でのサヨナラ勝ちでしっかりと追走してきました

これが優勝争いしているチームとそうじゃないチームとの違いで、軽々しく言うのもなんだけど、その違いは微妙そうに見えるが「越えられない壁」でもあると言えるんじゃなかろうかね?

まぁこんな負け方も今季のGらしいと率直に受け止めるしかないでしょう


ただ、結果論だし成功してたとしても先制点に結びついたかどうか分からないが、こうして1点勝負でのサヨナラ結末を見ると、Gが犯した二度のバント失敗はつくづく大きいねぇ、、、
かたや中日は10回裏の安打での無死走者が出てすぐに一発ツモのバント成功
こう言う「なすべき仕事」をきちんと出来るかどうかがこう言う勝負には大きく左右するもの事実


ま、くどくどと言ってても結果は覆らないんだから、明日からの「最後の7試合」を頑張って貰いましょ

優勝不可能、2位も限りなく困難の状況ではあるが、短期決戦は何が起こるか分からない
おまけにディッキーが仁王様の如き復活を遂げ、澤村はナゴド大好きっぽい結果を残してるがゆえ、ヤクルト1位で中日2位だった場合、逆に面白いポストシーズンゲームになりそうな予感がするのは私だけか?
ナゴドできっちり勝ち抜け、ゲーム勘と勢いを有してファイナルステージへ進む

ま、今だけはこんな夢を見させてくださいな



日々の観戦レポートの励みになります。
よろしければ「応援のワンクリック」を♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
ブログ村 野球ブログランキング
お陰様でジャイアンツカテゴリ首位
応援のクリックに厚く深く感謝です



人気ブログランキング by with2.net へ
こっちはあくまでもオマケwww



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。