FC2ブログ

G狂40'sオヤジの生写真いっぱいの観戦ブログです。


SINCE 2011/05/25


Now Online


読売ジャイアンツのブログはここで探そう!

↑ 読売ジャイアンツのブログ集
 気になる記事を探してみよう!

オススメのGブログのリンクです

~読売ジャイアンツ応援ブログ~Diamond Hero

ジャイアンツ と ビール と おやじ

エースになる日

〜澤村拓一応援Blog〜

てんぽくの部屋

プロフィール

shamanz

Author:shamanz
ジャイアンツとお犬様
毎日を楽しく過ごそう
ダイエットも忘れず...

メールフォーム
当ブログ経由でメールを管理人へ送ります。「ご連絡」「ご質問」等にご自由にお使い下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/1 vs広島 ~ミスが帳消しになってしまう流れ 帰って来た男がツキを連れて来たのか?
Category: 生観戦  
score_20111001.jpg

エース内海が登板し必勝を期した今日の試合であったが、いかんせん内海の調子は最悪だった
毎回のように塁上を賑わし得点圏に走者を背負う事の多い投球内容で、制球と球威のどちらにおいても不調
今年の巨人が乗り切れないのは、昨夜のような好ゲームの翌日にあっさりと落としてしまう点が挙げられると思うが、不思議な事に今日は「まずいぞ、、、」と感じる事はなかったなぁ

内海自身にも不思議な流れ(運?)が有ったのか、3回&4回と二度の満塁の危機を背負ったのだがそこでの失点は無く、初回と6回に被弾したホームラン2本の2失点のみ
そのどちらかのアーチが走者を背負ってのものだったら、今夜は確実に敗戦投手になってたであろうが、ソロ×2ってところに今日のGに来ていたのであろう「流れ」を感じざるを得なかった

6回表に何故か巨人戦になると確変に入っちゃう石原にアーチを浴び突き放されるものの、根拠不明ながらも「大丈夫じゃないの?今日は確実に勝てるっしょ!」とつぶやいてた自分が居た
喫煙所で常連さん達と話していても、「なんだか昨日のゲームみたいな流れじゃない?8回勝負でOKっしょ!?」って感じの大いに都合の良い会話で盛り上がってた(笑)


で、逆転となった7回の攻撃

先頭の亀井がヒットで出塁し、すかさず代走に尚広が告げられ、内海には脇谷が代打に送られる
ここでバント策なら、7回表はきっちりと抑えた内海にバントをさせた上でそのまま続投と言う手も有ったが、脇谷を送ったがゆえ、「確実にバントを決めきる」と言う手と「強行して逆転狙い」と言う手の2オプションが出て来るため、広島バッテリーも牽制で様子を見る手に出た

原さんの脳内には「とりあえず無死二塁」と言う形が欲しかったんでしょうね
打者有利にカウントが進めば強攻策で逆転狙いに走り、投手有利にカウントが進めばバントで一死三塁に持ち込み「とりあえずの同点」と言う安全策を取れるのが「尚広スチール」と言う攻撃的に見えて実は消極的な一手

で、尚広が戻れるギリギリの範囲のリードを取っていたため、これでバント策は消えたと判断したのであろう広島バッテリーがなかなかに「憎い一手」を打って来た

牽制4連発

見事に刺されてしまいましたが、今までのGならばこれで「投了」になりかねない流れだが今日は違い、残された打者の脇谷がきっちりと追っ付けてのヒット出塁

で、先ほどは動いて墓穴を掘ってしまった原さんが、ここでも再度動いてしまうwww

エンドランで一走の脇谷を動かし、セカンドカバーに入った東出の目と鼻の先に坂本が弾き返した打球が、、、
ショートのキムショーもちょうど良いタイミングでセカンドに入れそうだったが、東出の動きの方が一歩早かったため、東出は安全策で一塁への送球を選ぶ

結果論かも知れないが、あそこで動かさなければ坂本の打球はセンター前に抜けており、一死一二塁と再度のチャンスメイクが出来た場面だった

で、ここでも今までのGならば「投了」になりかねない流れだが、やっぱり今日は違った(笑)
試合終了後にヒーローの壇上に昇る事になる藤村&長野の連続タイムリーで内海に「勝ち投手の権利」まで与えると言う本当に良い流れで7回の攻撃を終える

いやぁ、この「エースへ与えた勝ち投手の権利」ってのが本当に大きいですわ
CSを見据えた闘いを考えた場合、やはり精神的支柱になるべき「投打の両輪」ってのは絶対に要りますもの
あとは「打」の面での柱が出てくるのを待つばかりですわ


今のGは変わりつつあると思えたのが続く8回の攻撃

ヤノケンが見事にヒットを放ち出塁した場面で次の打者は由伸
原さんのバント病が出るのだろうなぁ~と思って観ていたら、やはり案の定バントの指示を発する
ビハインドの場面ならまだしも、リードしている場面でのこの指示は、かつては「巨人の顔」を自他共に認めていた由伸にとっては屈辱的な指示とも言えるだろうが、「初球一発ツモ」で難なく決めてしまうあたり由伸の凄いところ
しかも広島内野陣が相当なチャージをかけてきたプレッシャーの中での一発ツモ

ここで野球脳の微妙さでは原さんと双璧を成すであろう野村さんが取った策が岸本の投入
この岸本投入で「今夜も大勝!」を確信できたG党も多かったはず
速球の凄みでは広島で一二を争う岸本だが、一方で制球力は高校球児並みにおそまつなレベル
一方のフィールズは日本球界入りしてから速球へのアジャストはいまだに見せてはいないものの、MLB時代のスカウティングレポートでは「速球しか打てない」と言われていた打者
超希望的な観測で言えば、ストレートが入っても快打、入らねば一二塁と、この時点で詰みでしょうね(笑)
で、四球とはならなかったものの、その代わりに死球を喰らい2球で歩けたと言う省エネな結果www
続く尚広にも1球もストライクが入らずにストレートの四球
ストレートピッチャーがストレート四球とは、、、それは洒落なのか?www

で、今日も巡ってきました「8回裏満塁劇場」に立ったのは、本日ようやく登録され一軍復帰の脇谷

場内のボルテージが最高潮に達する中、暴投のリスクが有るため思いっきり投げられないはずのフォーク系を連投した岸本のボールは予想通りに落差も少ない「棒フォーク」(^^ゞ
そりゃぁ4球も同じ系統の球を投げてちゃ目も慣れるってもんですわ
きっちりと今日の主役の座を奪い取った脇谷さんでしたとさ(笑)


「●●」と言う言葉はタブーとも言える今のGの順位&ゲーム差かも知れないけど、えてしてこんな「日替わりヒーロー」が出る時って「●●」しちゃったりするんですわなwww

明日も満塁の場面を作り、なおかつその場面で何かが起きたら、、、(ry


それに、もう一つ大きいのは、今日のタイトルにも書いた「ミスが帳消しになってしまう流れ」ってやつですわ
監督も人間ゆえ、どうしてもミスを起こしてしまうのは仕方がない(※原さんの場合は多過ぎかもだけど、、、)
でも、ノってる時のチームってのは、監督のミスであろうが同僚(選手)のミスであろうが必ず帳消しにしてしまう
だからこそ、逆転勝ちってのが多い
#そもそもリードされた要因にミスが存在する事が多いからね

選手達が自らの意思(≒何が何でも勝つしかない)で進み始めた時、チームはその総和を超えるパフォーマンスを産み出せると信じていきたいし、実際に何かが動き始めている気がする

さぁ、選手達が諦めていない限り、明日もドームに行って声を枯らして来ます!



日々の観戦レポートの励みになります。
よろしければ「応援のワンクリック」を♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
ブログ村 野球ブログランキング
お陰様でジャイアンツカテゴリ首位
応援のクリックに厚く深く感謝です



人気ブログランキング by with2.net へ
こっちはあくまでもオマケwww




以下、下手糞アマカメラマンの趣味の写真です
当然ながら著作権フリー&転載も何でも可です
被写体の肖像権とかはご自身でご考慮を(^^ゞ


100101.jpg
このところ一進一退の内海
PNFでの体幹トレーニングの成果は、こう言う終盤戦での「体力勝負」の時にこそ出ると信じたい

100102.jpg
往年の大投手達のように、ゆったりと&胸を張って投げ込む内海のフォームが大好きです

100103.jpg
お調子者の脇谷さんのご復帰をお待ちしておりました(笑)
あなたのような「超陽性」のパワーの出番は今からです

100104.jpg
同点タイムリーを放った藤村

100105.jpg
決勝タイムリーを放った長野

100107.jpg
8回をきれいに抑えて流れを止めなかった山口

100106.jpg
まさしく「破顔一笑」の脇谷
守備に就く時に二度も(もしかして三度?)ジャンピングハイタッチを繰り返してましたわwww
本当に心の底からのお調子者(笑)
でも、そんな脇谷は嫌いじゃないですwww

100108.jpg
そんなお調子者の脇谷ですが、コールに対しての一礼は深々と本当に万感の思いで応えてたね
慎之助もこう言うのを見習って欲しいなぁ(ぼそ)

100109.jpg
先頭打者に3-0と一瞬「おやっ?」って思わせましたが、やはり安定感抜群の久保
今日もマウンド上でクールな仁王様です

100110.jpg
自然な笑顔の溢れるウィニングタッチ
いいもんですわ

100111.jpg
泣くのかなぁ~と思ってたけど、やはりベテランの域に達しつつある脇谷は落ち着いたものです
リハビリの最中に「もう終わりかなとも思いました」って感じたらしく、その台詞の時は場内がしんみりしてましたね

100112.jpg
藤村もヒーローインタビューで動じなくなりました

100113.jpg
大人な発言の長野
もはや「主軸」たる意識をちゃんと有してますわ

100114.jpg
今日のトリプルヒーローズ
イイ絵です

100115.jpg
願わくは、明日もこのコンビの場内一周を観てみたいです、はい!


Comments

応援歌。
声の限り
力の限り
応援し続けるから
気持ちひとつに立ち向かえ
夢叶う時

この歌が一番大好き!
最後の最後で脇谷の復帰は大きいです!

あと、キムタク。
去年は原の後に残念ながら亡くなられたキムタクの応援歌も流していました。

今年も残り数試合。
Vへの道
拓け木村拓也
のフレーズのようにキムタクのも歌いましょうよ。

キムタクは永遠のジャイアンツの心のコーチです、ある意味「神」でもあると思います。

ぜひとも、原の後にいれてもっかいこれを歌いたいです。

一ファンのお願いなんですが、提案の価値ありとしゃーまんさんが思われたら、応援団の方にお伝えください。

よろしくお願いします。




今日は法事でテレビ観戦もなし。
でも良かった。
内海で勝てて良かった。

しっかし、内海も澤村も、どうしてジャイアンツのエースには頭角を現すともれなく一発病がついてくるのだろうか!?

あっ、どうでもいいけれどホークスの1位通過おめでとうございます。

そして今年もCSファイナルで・・・。
楽しみだっぴょーん。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。