FC2ブログ

G狂40'sオヤジの生写真いっぱいの観戦ブログです。


SINCE 2011/05/25


Now Online


読売ジャイアンツのブログはここで探そう!

↑ 読売ジャイアンツのブログ集
 気になる記事を探してみよう!

オススメのGブログのリンクです

~読売ジャイアンツ応援ブログ~Diamond Hero

ジャイアンツ と ビール と おやじ

エースになる日

〜澤村拓一応援Blog〜

てんぽくの部屋

プロフィール

shamanz

Author:shamanz
ジャイアンツとお犬様
毎日を楽しく過ごそう
ダイエットも忘れず...

メールフォーム
当ブログ経由でメールを管理人へ送ります。「ご連絡」「ご質問」等にご自由にお使い下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/27 vs広島(マツダ) ~これで貸し借り無しって言う事かな?
Category: 自宅観戦  
score_20110827.jpg

八百長なんてのは今のNPBには存在しないと確信している
存在したとしても、いわゆる紳介さん関係の闇社会つながりでしか有り得ない

その一方で世の中には「片八百長」と言うものも存在しているのも事実
ま、素人筋がこの手の事を書くのも憚られるし、片八百長の意味自体を知らない人の方が圧倒的ゆえ詳細には書かないが、この片八百長と言う存在だけは絶対に無くならないと思う
だって片八百長は八百長ではないのだから(笑)

大相撲で八百長の事を当初は「無気力相撲」と呼んでたけど、あれは遠まわしに「片八百長だから厳罰までは難しい」と牽制してた訳で、個人が人情で勝手に負けてやるものまでは処分できないし、そもそもが証拠なんてのが存在する訳がない「人情相撲をどう裁けと?」と言いたかったんだと思う

じゃ、今夜の今村の長野への投球は片八百長だったのだろうか?

う~ん、、、本人じゃないから断言は出来ないけど、きっと今村本人は真っ向勝負をしてきているとは思う
ただ、やっぱり彼の深層心理の中でインコースを攻め辛い気持ちは有ったのかも知れない
初球&2球目共にストレートではあったが、初球はアウトローのボール球で、2球目はベルト下のストレートがシュート回転で真ん中低めに入ってきてしまった
ま、あれだけの事態を引き起こしてしまった彼にとっては、当の長野本人に対してインハイには投げ辛いゆえ、投げれる球を普通に投げたって事でしょうね

結果としては、これで「いってこい」になったのかも知れないけど、1人の野球ファンとしては、巨人の勝ち負けよりも、「ドッカーン!」と厳しい勝負をして欲しかったねぇ

ストレートが生命線で、全投球中の6割前後を占めており、残りの4割のうち3分の1程度がカット気味のスライダーと言う「ストレートを活かす」投球をする今村にとって、インハイに投げないってのはまさしく「片八百長」そのものと言われても仕方がないかもね(^^ゞ
長野本人の性格は、試合後のコメントやメディアのインタビューやトークショー等でしか窺い知れないけど、非常に潔い人間との感じを強く受けるゆえ、インハイに「ドッカーン!」と投げられても全く気にもしないとは思うんだけどね

選抜決勝での菊池雄星との1対0の投手戦を制しての優勝が今でも脳裏に強烈に残る今村
将来の大エースとして育てるチーム方針ゆえ、昨年はほとんどを下で過ごし、今季で1軍に慣れ、来季の主戦投手として活躍すると言うロードマップは誰から見ても明らか
長野の件はファンから今後も色々と言われるかも知れないけど、彼はこれからの野球界を背負って立っていける才能を有したダイアモンドの原石ゆえ、この件を乗り越えた活躍をして欲しいと願うばかり
次は遠慮しないで堂々とインハイに投げ込んで来なさいよ!


と言う訳で、長野の決勝スリーベースで昨夜の借りを返した訳なんだけど、相変わらずギクシャクとしたプレイを続けているのには不安がどんどんと増すばかり

統一球の影響で長打が出なくなったり、野手の間を抜け辛くなったりしての安打減ならば全チームがイコールコンディションではあるが、最近ちょっと三振率が上がりつつあるような気がするのは少し気になるなぁ
淡白な早打ちを評論家やマスコミに叩かれまくってるから、吉村が「打てる球が来るまで、とにかくボールを見極めろ!」との指示を出してるみたいだけど、それが逆効果を与えてるんじゃないだろうかね?
それが顕著に出たのが今日のマエケンみたいなメイン球が複数ある投手相手でのゲーム
彼は明確にストレートとスライダーの2種類を軸に組み立ててる投手ゆえ、スコアラレポートを基にどちらかの球に絞っての対策を講じないと多少厳しいとは思うのだけれども?


で、やっぱり凄いなぁ~と痛感したのが7回に見せた由伸の野球センス

それまでの2打席で連続の空振り三振を喰らった由伸だけれども、普通に打つにはタイミングが取りづらいとでも思ったんだろうか、7回はヒッティングポイントを完全にズラしての待球策を選択した感じ
スライダー&ストレートを4球だか5球だか忘れたけど連続してファール(orカット)されたマエケンが選択したのは、前の2打席で空振り三振に斬って取ったマエケン必殺の高速チェンジアップ
マエケンの今季のチェンジアップの被打率は.145
本当に「どうやったらあれを打てるんだ?」ってくらいにスーッと曲がる彼のチェンジアップは、内海のウィニングショットたるチェンジアップとはまた異なった大いなるウェポン

ラッキーだったのは今夜のマエケンのチェンジアップ依存度が高かったため眼がなれてた事と、このウィニングショットがワンバウンドになった事
これで投げる球が無くなったマエケンは高目の釣り球を見逃されての無死四球出塁を許してしまった

あそこで先頭の由伸が三振してたらゲームは完封リレーで終わってたでしょうね


で、何が言いたいのかって言うと、「ボールを見極める」ってのは、この由伸の打席みたいな事もひとつの実現方法だって事
個々の野球センスにも左右されるから難しい面が大きいかも知れないけど、こういう野球をやらないと、これからの大詰めで相手チームがやってくるであろう「主戦級投手による豪華リレー」を打ち崩す事なんて最初っから不可能じゃないの?
天才バッターの称号をほしいままにしていた由伸ですら、こんないやらしい野球をするんだから、坂本やラミレスは絶対に見習って欲しいと強く思うし、打者全員にこの意識が徹底されてこそ、これから相手チームが取ってくるであろう「勝ちに来るローテ」「潰しに来るローテ」を打ち崩せるんじゃないの?

良い投手なんて、普通にやってちゃ打てる可能性の方が低いのは明白なんだから、打てない選手に対して「打てない事」を対象に「仕事をしてない」と言ってちゃ、いつまでたっても負のスパイラルが続くばかり
「打てない」のならば、相手の投手が「ぉぃ、、、うざい野球しやがって、、、」と思わずにはいられない野球をするしか打開策はないっしょ?jk

そのためには、今までも再三に亘って書いた事だけど、「いやらしい野球をする」「スコアラレポートを活かす野球をする」「明確&具体的な指示を出す」の3点セットを励行するしかないですね
あとは、そう言う「考えて野球を出来る選手」を積極的に登用する事でしょうね

(コーチング)スタッフ等の組織が「考えた野球」を、個々の選手が「考えて野球する」ってのは、スランプに左右されない強いチームの礎となるのは分かりきった事じゃないだろうか?
こうやって考えてみると、やはり「スタッフ」と「選手」ってのは表裏一体で、切っても切り離せない関係だね
だからこそ、強権を有し将来図を描けるGM(ゼネラルマネージャ)を置かないといけないね
ブンヤ上がりの役員のおっさんがGMしてるなんてのは愚の愚
野球を心底から知り尽くしたGMをするために存在する人物って誰なんだろうね?


さて、昨夜の雪辱は果たせたものの、ようやくタイに持ち込めただけ
優勝するためには「全カード勝ち越し」は絶対に必須のハードル
そして、ノった時には取りこぼさずにスイープをかける
明日が肝心ですぞ


文末にはなりますが、今村投手は将来のカープを背負って立てるだけの才能を持ってるはず
次の長野との対決では、一切の躊躇はせずにインハイにストレートを投げ込んで欲しい
そんな「チカラとチカラがぶつかり合う野球」をファンは切望してます!



日々の観戦レポートの励みになります。
よろしければ「応援のワンクリック」を♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
ブログ村 野球ブログランキング
お陰様でジャイアンツカテゴリ首位
応援のクリックに厚く深く感謝です



人気ブログランキング by with2.net へ
こっちはあくまでもオマケwww




以下、下手糞アマカメラマンの趣味の写真です
当然ながら著作権フリー&転載も何でも可です
被写体の肖像権とかはご自身でご考慮を(^^ゞ


Comments

やばいやばい。
下でフィールズがサヨナラ3ラン打っちゃったよ。
本当にライアルに代わって上がってこないでください。
お願いします。お願いします。

おかわりくんが33号ホームラン打ちました。
カープのチーム本塁打数がまた追いつかれましたwww
つーか、なんであいつはあんなに打てるのだろうか?
本当に気持ちのいいぐらいすごい当たりなんだよねぇ。
Gに欲しいなぁwww
ラミちゃんの劣化と坂本
ボールを後追いしながらスイングをする・・坂本とラミ・・・・順位がこれ程激しく変わる日々に、守備で大きくマイナスとなり、打撃ではそこで切れるラミを出し続けてよいのか・まだ、サブローのほうが利点が多いと思います・そして、鉄は熱い時に打て・・坂本、広島の夜を楽しんでいる暇はないぞ・清原の二の舞にはなるな・・・と・
てんぽくさんへ
確かにフィールズが打っちゃいましたね~(^^ゞ
G球場で観戦してた方に聞いたら、大きくフェンスを越えた当たりなのにフィールズは1塁を回ったあたりまで全力疾走してたらしく、観衆からは歓声と共に笑い声も上がってたそうですね
でも、そう言う姿勢、私は嫌いじゃないです(笑)
と言うか、川相さんの全力主義ってのがファームでは浸透し初めているんでしょうね
上でチンタラ走ってる(歩いてる)老害どもに見習わせてやりたい気分www

それにしてもおかわり君は「凄い」の一言ですわ
FA取得まであと何(ry

アメリカじゃ野球経験皆無のGMも居るという事なので、おかわり君の獲得を手土産にGMとして転職雇用して貰おうかしらwww
まさやんさんへ
ラミレスに関しては、下手したら「鉢状態」になってしまうのも時間の問題かも知れませんね
以前は「守れない」「案外とそこそこに走る」「チャンスに打つ」でしたが、今では「全然守れない」「全く走る気が無い」「チャンスで全く打てない」の悪の三冠王ですもんね
自身としてはラミちゃんは好きなので辛いんですが、外されても仕方ないレベルにまで劣化しているのも否定できませんもんね
「ファンサービスコーチ」ってのを新たに設けて、初代コーチとして就任して頂きましょうかねwww

坂本に関しては、クラッチヒッターとしての卓抜した才能が活かせてませんね
少なくともリードオフマンとしての役割には合わないタイプ
出塁率の低さがネックですが、いっそ藤村とか尚広とかを置いた方が面白い野球・嫌がられる野球を出来るんじゃないでしょうか?

それにしても、坂本の野球に取り組み姿勢はあかんですわ
以前は開場時刻と同時にスタンド入りすると、坂本はアップジャージを汗でベトベトにするくらいに事前準備に精を出してたのに、今や後輩の前でニヤニヤペチャクチャ、、、
彼から覇気が全く感じられないのは私だけではないはずでは?
同年代の選手が脚光を浴びる活躍をしている中で、このままじゃ抜き去られちゃいますね

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。