G狂40'sオヤジの生写真いっぱいの観戦ブログです。


SINCE 2011/05/25


Now Online


読売ジャイアンツのブログはここで探そう!

↑ 読売ジャイアンツのブログ集
 気になる記事を探してみよう!

オススメのGブログのリンクです

~読売ジャイアンツ応援ブログ~Diamond Hero

ジャイアンツ と ビール と おやじ

エースになる日

〜澤村拓一応援Blog〜

てんぽくの部屋

プロフィール

shamanz

Author:shamanz
ジャイアンツとお犬様
毎日を楽しく過ごそう
ダイエットも忘れず...

メールフォーム
当ブログ経由でメールを管理人へ送ります。「ご連絡」「ご質問」等にご自由にお使い下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/9 vs横浜(長野) ~ノーガードの殴り合いはGに軍配! 実にGらしい勝ち方(笑)
Category: 自宅観戦  
score_20110809.jpg

ノーガードの打ち合いだった序盤~中盤だったが、6回以降はセットアッパー陣が良く締めてくれ、それに呼応したように、このところ何かを掴んだかに見える好調打撃陣がしっかりと逆転してくれて「6VIVA♪」での長野遠征となった

こう言う試合を見ていると、良くも悪くも「ジャイアンツらしい勝ち方だなぁ~」と思えてくるし、逆に言えば「ジャイアンツらしさ」がようやく戻ってきたって言えるんじゃないだろうか?
小笠原の二塁打出塁の後の「ラミレス→由伸」の連続弾が出た4回に引き続き、1点ビハインドの7回には小笠原が同点に追いつく貴重なアーチと、(多分?)今季初のクリーンアップのアーチ揃い踏みが出ただけに、今日は絶対に落とせない試合だった
で、最後は2アウトを取られて、「3時間半ルールだと延長に行けるかどうかは横浜の出方次第だなぁ、、、」なんて思ってたら、小笠原がきっちりと山俊から四球を選んでくれて出塁
以前の小笠原なら5球目のフォークを空振って「ハイ終了!」だったでしょうね
でも、復調となった感の強い小笠原には綺麗に球の軌道が見えてたみたいで、続く6球目のアウトローにも微動だにせず四球選択となった時点で風雲は急を告げる

小笠原の代走には尚広が送られたが、この起用がキーポイントになったかもね

続くラミレスの初球打ちの内野安打で、タイミング的に難しい場面だったが、尚広は果敢に三塁を狙い間一髪セーフ
大袈裟かも知れないけど、「これで勝負は決まったかも!」って私は思いましたわ

フォークが生命線の山俊にとって、三塁に走者が居ると居ないとでは、精神的な部分で本当に天と地の差
ストレートに滅法強い由伸が決めてくれるんだろうな~って思いながら見てたら、案の定ストレート攻めをしてきた山俊だったけど、150kmh出ない今の山俊じゃコースを厳しく狙うしか手が無い
で、インハイを狙ったストレートを由伸に当ててくれ、2死満塁のチャンス

怪我大明神の由伸に変わりがなかったのは幸いだが、逆にフォースプレイの効く満塁になった事で守りやすくなり、山俊も動揺から立ち直って思いっきって投げ込んでくる場面になってしまったとも言えた

でも、山俊は開き直るどころか完全に顔面蒼白&目が泳いでしまっていると言う体たらく、、、
この子は精神的な脆ささえ克服出来れば球界を代表できるレベルのクローザーになれるんだろうけどなぁ(^^ゞ

予定調和と言えばそれまでだが、あの場面での暴投による決勝点は、大半の方が予測出来たんじゃないだろうか?
それほどまでに、小笠原の四球を境に山俊の状態は急悪化しており、抑えられるレベルではないと言うより、ストライクすら取れるレベルではなかったのが事実

本来なら慎之助がダメを押すアーチorタイムリーで決定的にダメを押して欲しかったところだけど、抑えが効かなくなった右腕が放る球のほぼ全てが胸マークより上に来てしまう始末ゆえ、一昨日の長野の事が頭によぎったのではないだろうが、慎之助は突っ込んでいけないままの大振りを繰り返した上での凡退だったのは愛嬌と言ったところでしょうかね?


ほぼ全員に当たりが戻り始めてきたG打線だが、今夜はようやくラミレスにまで火が点いたようで、「長野抜き」でしばらくやり過ごさないといけない可能性も高い今後の展開上、ラミレスの今季初の猛打賞はとても大きな打棒爆発へのトリガーとなったんじゃないだろうかね?

6失点の投手陣にしても、今夜はスレッジが周期に入った確率変動デーだったみたいで、惜敗はしているものの、ここのところ好投続きだったディッキーを誰も責めは出来ないだろうね
ディッキーの放る球自体は、確実に一昨年の切れと球威を取り戻しつつあるし、今季から多用し始めたツーシーム系の動くボールもようやくモノにしつつあるようで、下手をしたら終盤戦のローテの柱にすらなるんじゃないかと思いますが、いかがなものでしょうか?

金刃はねぇ、、、ちょっと原さんの起用ミスだった気がするわ
前回登板の広島戦でも締まりの無い投球を見せてた金刃ゆえ、左が3人続くからって言う起用は安易な選択だったと思うし、今夜のような「絶対に取りに行かなければならない試合」では投げさせない方が無難だった気がする
#まぁ、この場面で投げさせるには淳平は未知数だし、高木は肩を作れていなかった一方で、10球で肩が仕上がる金刃って選択しかなかったんだろうけどね(^^ゞ

と言う訳で、今夜の裏ヒーローは淳平でいいんじゃないの?
あれだけノリノリでウテウテ状態のベイ打線を相手に、一歩も引かずに真っ向勝負
特に目を見張るのが、計11打者に対峙して、最初の村田以外、全ての打者へ「初球ストライク!」の強気な攻め

昨夜ファームに落ちたヤツに見習わせたいと、心の底からつくづく思うわ

そして、淳平の頑張りも褒めてやりたいと同時に、藤村の成長にも大きく賞賛の拍手をしたいね
結果こそ4-1だけど、彼の守備面での安定感は目を見張るものがある
一二塁間や二遊間を抜く確率が若干でも下がるって時点で、相手打者にとっては嫌なものなんじゃないのかなぁ?
犠打に関しても、本当に苦も無くきっちり決めてくれるし、まるで今甲子園を賑わしている高校球児みたいで好感↑


と言うか、、、スレッジの最後の大ファールって本当にファールだったの???
TVで何回も見直してたけど、ポールの外側から大きく巻き込まない限りあそこには落ちないと思うけど、、、
ま、勝てたんだから全くもって文句も有ろう筈がないけどねwww


あと、少し複雑だったのが、勝ち越しの暴投の直後に映された尾花さんの表情、、、
唇をワナワナと震わせるどころか、歯を剥いた上で、下顎自体がガクガクと震えまくってた(-_-;)
あれは相当と言うか、死ぬほど悔しくないと出ない表情だよなぁ、、、
殺意を持って佇んでいる人間に近いものを感じたのは私だけ???
今のG投手陣の礎を築いてくれた大の恩人だけに、あんな表情の尾花さんを見るのは少し悲しいな、、、


さて、今日の勝ちは本当に「単なる1勝」だけの重みで計れないほど「とてつもなく大きな1勝」だったと思う
確率変動遊技機のようなスレッジは、今までのパターンだと、確変モードが終了した翌日はバタリと打てなくなる事が多いし、江尻不在のベイ投手陣はつないで勝ちに行くメソッドの1つ2つは失ってるし、何にも増して山俊に22球投げさせた上での攻略をした今夜の結果は本当にデカイ

「明日も」ではなく、「明日も明後日も」で、8連勝してホームに帰れそうな気配すら漂って来たよなぁ
で、ローテの裏に戻るであろう広島を迎えて11連勝、、、取らぬ狸の皮算用はこのへんにしておこう(^^ゞ


一時は完全に諦めめかけてたけど、ヤクルトさんのお尻が完全に見えてきた
絶好調の阪神と23日まで当たらないって言うのも何かの思し召しか?

明日&明後日は、横スタで死ぬ気になって応援してきます!!!



日々の観戦レポートの励みになります。
よろしければ「応援のワンクリック」を♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
ブログ村 野球ブログランキング
お陰様でジャイアンツカテゴリ首位
応援のクリックに厚く深く感謝です



人気ブログランキング by with2.net へ
こっちはあくまでもオマケwww



Comments

あれだけひっこめろ休ませろ下落とせと言っていた小笠原様が大爆発です。
オガラミ砲炸裂!
ここがシロートにはわからないところですね。
残り、気合入れまくって小笠原様を応援いたしますwww
申し訳ありませんでした。

ベイスは、チーム得点チーム失点がともにセ・リーグ最多ですからね。
あんだけ打ちまくっていながら、投手陣がまったく機能していない不思議なチーム。
どんだけがんばったら、統一球で恩恵受けまくっている投手が防御率4点台に・・・。
そりゃ、尾花さんにとっては屈辱以外の何ものでもないと思いますけれどね。
まぁこのまま、最下位ぶっちぎってください。
そして、投手コーチで戻ってきて><。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。