G狂40'sオヤジの生写真いっぱいの観戦ブログです。


SINCE 2011/05/25


Now Online


読売ジャイアンツのブログはここで探そう!

↑ 読売ジャイアンツのブログ集
 気になる記事を探してみよう!

オススメのGブログのリンクです

~読売ジャイアンツ応援ブログ~Diamond Hero

ジャイアンツ と ビール と おやじ

エースになる日

〜澤村拓一応援Blog〜

てんぽくの部屋

プロフィール

shamanz

Author:shamanz
ジャイアンツとお犬様
毎日を楽しく過ごそう
ダイエットも忘れず...

メールフォーム
当ブログ経由でメールを管理人へ送ります。「ご連絡」「ご質問」等にご自由にお使い下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横浜中華街
Category: 日常  

ブログ主の自宅は横スタのすぐ隣りで、最寄り駅は関内
会社は日比谷線沿線の神谷町に有るので、通勤は便を考えて「日本大通り⇔神谷町」
でも、同料金で購入できるので、定期券は「元町・中華街⇔霞ヶ関」

実はお料理が大変得意だったりするので、ヘタなお店で食すよりも自分でササ~って作った方がそれなりに美味しく作れる自信が有ったりする(単に味付けの好みがオーソドックスじゃないのかもね?)ので、夜を外食で済ます事は意外と少ない

と言いながらも、たまには帰路を中華街経由にし、中華街で軽く夕飯を済ませることも多い
ちゅーか、やっぱ横浜中華街は別格だねぇ

重慶飯店・聘珍樓・大珍樓・萬珍樓・菜香・状元楼(ここらあたりが定番かな?)なんかの押しも押されぬ名店が美味しいのは当たり前で、菜香を除いた他のお店は、それなりに食べようと思えば@10000円は確実に超えてしまうし、そもそも「大皿」の取り分けが本来なので、一人で晩飯には少々荷が重い(^^ゞ
セットメニューを食べるのも良いけど(それでも5000円コースかな?)、一人で来てる客自体が皆無に近いので、人見知りの私には土台無理な問題、、、

かと言って、ぐるナビや食べログの情報なんかはてんで当てにならず、全然美味しくないのがデフォだし、仮に美味しかったとしても一見さんのラッシュで直ぐに荒れてしまう(-_-;)

そんなこんなで、私がいつも行くお店は、やはりご近所さんお店の店員さんや華僑の方から教えてもらった店が多い
華僑さんの知り合いなんて居ないけど、近所のコンビニやお店屋さんの店員さんの大半が華僑の方なので、顔馴染みになってから聞けば、「もうそれ以上はいいからっ!」ってぐらいに大量の情報を教えてくれる(笑)
何かと誤解されがちな華僑さん達だけど、実は彼らって基本的に凄く社交的で、「来るもの拒まず」の発想がとても強く根ざしているし、華僑さんが世界中に同化し、根付き、拡散している理由の一番が「協調性の高さ」じゃないかと思う
#凝り固まった愛国心や排他性の強い方々もそれなりに多いのも事実だけど、それは日本人も同じだしね

と言う訳で、いつも寄り道しちゃうお店は、やはりお客さんは華僑の方々でイッパイのお店が多いんだけど、そんなお店に気楽に立ち寄れるのもあと3週間、、、
来月半ばには港北区民になっちゃうから、寄り道で中華街ってのが出来ないのが本当に寂しいかぎり、、、
横スタにもパジャマ姿で気楽には行けなくなっちゃうしね(笑)

こんな過疎地に来て下さる方も少ないとは思うけど、上記で偉そうに言った以上、少しはお店情報を、、、

一番のオススメ店は教えられないけど、セカンダリーな寄り道先は「山東(シャントン)」「你好(ニイハオ)」を選ぶことが多いかな?
でも、どちらも各種ログに晒されちゃって荒れ始めてるけどね(-_-メ)

你好は香港の味そのままだから、日本風にアレンジされた中華料理が美味しいと思う方には絶対に無理な味
一番最初に挙げた重慶飯店~の6店なんか、見事なジャパニーズチネーゼだから、元々からして日本人を狙った味だけど、你好はもとより日本人に迎合した味じゃないので、味に対する価値観が合わなければ確実にOUTなお店ですわ(^^ゞ

山東は旧日本軍が駐留していた中国東北部の味と言うこともあり、戦中戦後の日本人が経営する中華料理のベースにもなってる地方ゆえ、比較的日本人の味覚にも相通ずるものがある
で、思いのほか重宝するのが「スーパー深夜営業」なところ(笑)
正式には深夜2時までだけど、だいたい流れで3時前くらいまでやってる
比較的早仕舞いなお店が多い中華街(ようするに「観光客相手のお店が多い」ってこと)の中では、この時間帯までやってくれてるのは本当にうれしい限り
私はいつもビール1~2杯と水餃子だけで帰ってくるけど、水餃子をいつも食べきれずに謝って帰ってるwww
それほどボリューミーな水餃子で、特製の「ココナッツ入りタレ」で食すのが本当に美味しい
ビールはぬるいことが多いけど、、、

さて、明日は山東のおねえ達(40代50台のね、、、)に会いに行くか!


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

スポンサーサイト


横スタ~桜木町あたり
Category: 日常  
引越し先の駐車場の契約のために桜木町へ

P1000454(1).jpg
いつものように自宅を出て横スタ(横浜公園)を通って日本大通りへ向かうんだけど、今日は横浜vsヤクルトのデーゲームの日でもあった
ここを通ったのがちょうど12時くらいだったけど、土曜日の開催とは思えない段貼りの少なさ
横浜(ライト)側で30枚あるかないかかなぁ?
段貼りしなくても確実に外野自由席に座れるからだろうけど、良席確保のためには段貼り辞さずってファンがもう少し居てもいいんだけどねぇ
ま、横浜ファンの良いところが、段貼りしてでも良席って言うガツガツさが無いところでもあるんだけど(^^ゞ
それに比べてGの段貼りはマナー違反者もかなり多いのも事実
で、それにも増して、悪徳業者が横行するのもGの段貼りの背景なんだけど、、、


P1000459.jpg
馬車道で降りて地下1階コンコースまで昇ってビックリ!
一瞬「な?な?何が起きてるんだ!?」と思ったら、コンコースでフリマをやってるんだねぇ
少し物色したけど、まさしく「ガラクタ」ばかりで食指は全く動かず(^^ゞ


P1000460(1).jpg P1000461(1).jpg
懐古的な建物と現代建築が混在してるのが横浜中区の素敵なポイント
右の博物館にしたって、「これしかない!」ってくらいに横浜にベストフィットするデザインではないだろうか?
今まで色んな都市に住んだし、色んな都市に出掛けたけど、横浜の建築物と風景の溶け合ったバランスの良さはやはり特筆ものだし、嫌味がないレベルで「美しい街並み」をアピールしてると思う


P1000466(1).jpg
観光周遊バスの「あかいくつ」
まだ乗ったことが無いから、近いうちに乗らないとね
横浜に越してきて3年近く経つけど、やっぱ仕事中心の生活だからプライベートの思い出が少ない


P1000467(1).jpg P1000472(1).jpg
ランドマークタワー&大観覧車
こんな近くに住んでるのに、これまた未制覇だったりする(-_-;)
お決まりのおのぼりさん観光コースだけど、とりあえずの制覇が急務ですな(笑)


P1000473(1).jpg P1000474(1).jpg
P1000476(1).jpg P1000477(1).jpg
でもねぇ、中区あたりで一番心に響く場所が都橋商店街なんだよねぇ
好きな風景って意味ではなくて、やっぱ「昭和ど真ん中」生まれのDNAに響く風景なんだよね
子供の頃、半ズボンで膝っ小僧を擦りむいて血を滲ませながら、近所のガキんちょ軍団で悪さしまくってた頃
記憶は薄れてしまって、まさしく「セピア色」の記憶なんだけど、この都橋のドヤドヤな止まり木飲み屋を見ると、薄らいだ記憶がなんとなく思い出されているような気がして、、、
いや、子供の頃にこんな景色には遭遇していないはずだから、完全に錯覚なんだけどね
でも、本当に不思議なんだけど、この場所に立つと「懐かしい」気がしてたまらない
デジャヴとも違うんだけど、既視感を覚えざるを得ない不思議な感覚
この街並みは自治体ぐるみで「保存対象」にしても良いと思うけど、いかがなものだろうか?


横浜公園
Category: 日常  
のんたのお散歩がてら横スタ(横浜公園)にカメラ持参で行って来ましたよ



チューリップの話しを何度かしたけど、まだ間に合った!
流石に萎れてるのも多かったけど、淡い色のはまだまだ満開
濃色の場合に萎れ具合が高かったけど、色と因果関係ってあるのかしら?


最初の画像の「赤&白」のコントラストもいいけど、こっちも艶やかでいい感じ


心なしか、のんた様もおすまし気味かも?


楊貴妃の名に恥じぬ美しさ
「個」が強くて「協調性」の対極
ネーミングの通りって感じ


「フィリス」だと「???」だけど、英名だと「Fancy Frills」
そう「フリル」なわけね
これまた名前の通り


のんた君の得意技「バレリーナ」もあったよ
のんたのバレリーナとは、似ても似、、、(ry


「オーリアンズ」=「オルレアン」なのだろうか?
フランスの古い都市だけど?
う~ん、意味&由来の見当つかず


全部で100種ちかいチューリップが、綺麗&迫力でドドーンと植えられていたけど
ここのは全部に名前を記した札が刺してあるのがいいね!
名前と花を見比べると、「ほほ~う、なるほど~っ!」って感じにもなるし



長く(と言っても3年弱だけど、、、)慣れ親しんだ横スタの正面ゲートへのスロープ
少しセンチな気分になっちゃいました


2011年3月11日
きっと、いつまでもこの日の記憶は消えることなく残るんだろうな

「がんばろう日本」

本当にそうだよ
絶対に諦めない
誰ひとり悲観的になることなく
「立ち直れる」って信じて歩み続ければ
いつかは元気なあの日に戻れる

がんばろう!


横スタ
Category: 日常  

この景色もあと僅かでお別れ(T ^ T)





iPhone 4 Shaman


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。